ひな人形・五月人形/弓戸人形

ひな人形・五月人形と節句

節句は古来より、子供の厄除けやお祓いとして盛んに行われてきました。
3月の初めの巳の日に、紙や植物で作られた人形や形代を、子供の代わりに川や海に流して子供の無病息災を願う“お祓い”としたのが、ひな人形のルーツと言われています。
五月人形は、宮廷では菖蒲で作った人形やみこしを飾って無事を祈り、騎射(うまゆみ)や馬芸での厄除けの行事が今に伝わったものです。

  • 雛人形
  • 五月人形